R56系/60系の人気モデル3年ぶりの復刻

「model-MINIMAX/M.T.」というネーミングから、「MT(マニュアルトランスミッション)車専用モデルですか?」という質問が後を絶たなかったあの頃。「model-MINIMAXは好きだけど、夜間のイルミネーションカラーがなんとも華やか過ぎる」という声から生まれた完全モノトーン仕様で発表したのが「model-MINIMAX/M.T.」です。そう、M.T.とは[Monotone(モノトーン)]の略で、当然のことながらAT(オートマ)車にも装着可能です。燃料計の意匠をR56系後期モデルに最適化したmodel-801もほぼ同意匠で、いずれのモデルも完売から3年近くが経過しています。この3年間の間に頂いた再販リクエストはかなりの数に上りますが、特に印象的だったのは数ヶ月前に女性オーナーから頂いた一本のお電話。消え入りそうな声で、「どうしても欲しいので、また販売して下さい。お願いします…」と懇願され、「わかりました。春先に再販しますからコラムページを定期的に覗いてください」と回答。いよいよその日が来ました(笑)。

元祖model-MINIMAXは、往年のアストンマーチンにビルトインされていたスミスメーターの意匠を参考にデザインしたことから、黄色フォントと赤色のスケールを用いていて、夜間照明ON時にはその部分が色鮮やかに発光します。「落ち着きある大人のMINIオーナー」さんたちから先述のような希望が寄せられ、そうした経緯から「model-MINIMAX/M.T.」は誕生しました。

旧modell-MINIMAX/M.T.とほぼ同意匠でR60/61用に最適化した「model-8001」の再販版として今回のリニューアルモデルに統合致しました。R56系には過去model-701や702といった「黒盤面・白文字」の製品がありましたが、実はR60系用はそのmodel-8001の一択だったため、一定層の方々から絶大な人気を頂戴しておりました。特に、ヨーロッパ各国のR60乗りの方々から多くのご用命を頂いたのが印象的でした。おかげさまで今や世界で愛されるMINIMAXですが、あのムーブメントが大きく寄与していることを信じて疑いません。

というわけで、本日よりお申し込みを受付致しますが、F系ゲージの再販ラッシュなどの影響でお届けは4月下旬頃からを予定しております。以下のページよりお申し込みを受付しておりますので、お待ちかねっだった皆様におかれましてはこれまでの想いの丈をぶつけるべく思い切りポチって頂けたらと思います。

・model-MINIMAX/M.T. ver.II R56/55/54/58/59用お申し込みページ

model-MINIMAX/M.T. ver.II R60/61用お申し込みページ

 

ご用命、心よりお待ち申し上げます。

 

    メールフォーム お問い合わせ MINIMAX DESIGN STUDIO サポートダイヤル AM10:00〜PM8:00 052-269-9071 365日受付 担当者携帯への転送料金は弊社負担 担当者が施工作業またはサポート対応中の場合はお電話に出られないことがあります。
    model-crossover/d
    model-crossover/d
    model-minimax/d
    model-minimax/d
    MINIMAXディーゼル専用ゲージ数量限定生産
    MINIMAXディーゼル専用ゲージ数量限定生産
    コラムミニマックス
    コラムミニマックス
    提携ファクトリー
    提携ファクトリー
    よくあるご質問
    よくあるご質問